益子の陶器市は今年で三回目です。
二十代の若い頃にバイヤーの仕事で行ったのが最初でした。

 
その頃は昔ながらの伝統の焼き物が中心でしたが・・・
そして、三度目になる益子は随分と様変わりして、おしゃれなショップやカフェなどがあって。


まずは益子周辺の作家さんのブースへ。今回は耐熱の器を探していたのですが、なかなか思うような物がみつかりませんでした。残念・・・
次は県外の作家さんのブースへ。途中、自転車でワッフルを売っているお店の前に。う〜ん美味しそう!思わず買ってしまいました。


渡辺キエさん、ツキゾエハルさんなどのブースをまわって。「この湯呑いいね〜」お目当ての物はなかなか見つからず、肩を落としていたところもう一度益子周辺の作家さんのブースへ。
そんな中はっと引きこまれる作品がありました。
家付カップなど家をモチーフにしたオブジェを作っている城田渚さんです。独特な世界観を持っていて、ついつい見いってしまいました。近日中ご紹介させていただきますので、お楽しみに。


豆カレーや手作りジャム、焼き菓子など美味しそうな物が沢山ありましたよ。

コメント
コメントする