信楽で作陶されている、堂本正樹さんの器をご紹介します。

堂本さんに初めてお会いしたのは、東京で開催された、テーブルウェア展
での事。

可愛らしい作品のイメージとは少々違い、軽快な関西弁で、陽気で気さくな感じの方でした。

そんな堂本さんですが、大阪芸術大学美術学科を卒業後、信楽の名窯である

古谷製陶所の古谷信男氏のもと、十年間腕を磨かれ、その後独立されました。

しっかりとした、技術をお持ちなのに、どことなく職人気質を感じる堂本さん。

そんな堂本さんの気取らない、可愛いうつわです。

信楽の器は昔から、その質感と柔らかいやさしい土の色合いが特徴で

好きな焼き物でもありました。

どんなに歳を重ねても、可愛くて綺麗な物は好きです。













コメント
コメントする