上野・東京都美術館で開催されている「藤田嗣治展」に伺ってきました。

金曜日の夜、夜9時まで開館のナイトミュージアム。

国内外から、約100点もの藤田作品が集結していると聞き、期待大!!

 

代表作の白肌の裸婦、自画像、戦争画、宗教画などなど!!!

その色彩、日本画にも通じる透明感、西洋画の大胆さ、そして、愛おしさ。

たくさんの藤田作品に出会えました!

中でも、「アッツ島玉砕」は圧巻の迫力でした。叫びが画面から聞こえてくるようで、藤田自身の想いがあふれ出てきているかのようです。ポスターにもなっている「カフェ」は、額縁まで自作。なんとも愛らしい額縁で、同じ人物が作ったものとは・・・・

クリックすると新しいウィンドウで開きます

藤田嗣治展より

 

ここまでの作品展は、多分、今後は催すことはできないのでは?

もう一回、いや、二回、観に行こうかな。

 

 

コメント
コメントする