for you, for me. 「硝子と土と木の冬の贈り物」展

 

4人目の作家さんのご紹介は、

照井壮さん

 

照井さんは、佐賀県有田のご出身。東京造形大学を経て陶芸の道へ。

現在も、有田で作陶されています。

ariai・cafeでも、照井さんのカップで日替わりのスープをご提供しているんです。

 

そんな照井さんから、今回の展示会に際して「新作」を届けて頂けます!

デルフトオーバル皿。美しい曲線とオーバルの丸みがとても立体的。

 

その他にも、「贈り物にしていただけるうつわを」と、作品を制作していただきました。

お楽しみに・・・

 

 

 

次回は、十河隆史さんをご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

コメント
コメントする