山梨県で作陶されている原田七重さんの素敵なうつわが再入荷しました。

今回は、ご予約でお待ち頂いていた物と新しく加わった片口類、カップやポットが届きました。

原田さんに初めてお会いしたのは、昨年の松本クラフトフェアでの事。
「作品を送って貰えないでしょうか?」と尋ねると、「少しお時間がかかりますが、いいですよ。」とおっしゃって頂き、とても感激したのを思い出します。

原田さんの印象は、小柄で可愛らしい方。素朴な中にも存在感有る、とても繊細で素敵な器は原田さんご本人のよう。
魔法の手から素敵な器たちがうまれるのですね。

今年も参加されるのかと思っていましたが、個展と重なり参加できなかったので寂しいとおっしゃっていました。私もお会いしたかった〜

今年の松本は、一日は大雨だったようです。作家さんも本当に大変だったと思います。
山梨の原田さんの工房にも機会があれば、是非お邪魔したいと思っています!

人気の物はすぐに完売してしまうので、早い者勝ちですよ!


飴色が心奪われる、飴釉のポットとカップ



五寸リム皿にボーロをのせてみました。



大好きな形、質感のミニ片口です。ジャムやソースなどにどうぞ。
中側はごく薄く粉引が掛けられているので、地の赤土が程良く見えています。



鉄釉の質感、カップの形、手にしっくりきます。中は粉引になっています。



胡麻和えや、煮物がお似合いのすりボウルです。胡麻をすってそのままテーブルにも出せます。私も欲しい器です!



山梨と言えば桃ですね!原田さんお手製の桃のジャムを送って頂きました。
美味しかったです。こういうお心使い本当に嬉しいです!

小澤基晴さんのうつわが届きました。

レモンイエローのように元気の出る、淡黄釉の器です。一日のはじまりに、こんな素敵な器を使ってみてはいかがでしょうか。

マットな質感にかすれたような、使い込んだ感じの仕上がりになっています。

食卓や食器棚のアクセントにもなり、とっても丈夫に作られているので、安心感のあるうつわたちです。



ホットケーキをのせてみました。



ブロンズ釉とも合いますね。


粉引の蕎麦ちょこです。ベースが赤土になっているので、赤みを帯びたベージュ色になっています。素地の土を活かした温かみある色です。



粉引の技法を小澤さんに伺いました。
素地全体に櫛目が入っていて、口元、全体をふき取っていきます。櫛目が見え隠れしてきます。
こうする事でかけにくく、シャープな印象になります。

また、ピンホールと言われる小さな孔は、主に釉薬の濃度が濃いもの(茶陶の志野、萩焼など)にもみられるものです。

黄釉や粉引も濃度が濃い為、多少はみられますが、ご使用には全く問題なくお使い頂けるとの事です。

器の持つ味わいのひとつになっていると思います。

粉引は、使っていくうちに水分を含み、独特な風合いに変化していい感じになっていきます。
変化するのを見るのも、なんだか楽しみのような気がします。

茶渋などの色移りが気になる方は、米のとぎ汁で10分程煮て下さい。
汚れが付きにくくなります。

うつわと一緒に、小澤さんお手製のプラムのジャムを送って頂きました。
甘ずっぱくてとても美味しかったです。

レシピもご紹介して頂きました。よかったら作ってみて下さい。私もトライしてみます。



プラム(ソルダム) 1?
グラニュー糖 300g
レモン汁 50cc






八月六日、原爆慰霊式がテレビで中継されていました。
今年の夏は例年以上に複雑な心境でこの中継をみました。

何年か前に東海村の近くのビーチに行った時、遠くのほうに見えた原発の事を思い出しました。
複雑な気持ちになったものでした。



まさか、こんなに近い将来に、このなんとも言えない胸騒ぎのようなものが現実になるとは思えませんでした。


偽善ぽく聞こえてしまうかもしれませんが、私達にいったい何ができるんだろう。と、考えてしまう事が有ります。
大好きな作家さんのコメントで、こんな事が書かれていたのを思い出しました。

「震災の後、私は意地でも器を作り続けたいと思うようになった。そしてその先には、いつも幸せな食卓がありますようにと願うようになった。」と。


あたりまえだった平凡な日常をおくれない人々がいらっしゃいます。
一日も早く、笑顔あふれる幸せな食卓が戻りますようにと願うばかりです。






大江憲一さんの器が届きました。


美しい鎬が印象的な大人気の醤油さしと新作のフリーカップです。使い手の事を考えぬいた作品です。鉄釉は細めの鎬がはいっています。

大江さんの醤油さしは切れ味が素晴らしいのです。
色も織部の緑と深いブルーが美しい瑠璃色、大江さんといったら鉄釉の三種類です。


色合いといい「まるでチョコチップのよう」と大江さんが名づけた、フリーカップは手にしっくりくる大きさで、この時期ビールを飲むのにも最高です。






お菓子のような美味しそうなカップ



鳥の口ばしのような可愛い醤油さし
豊島区の野菜料理&天然酵母パン教室七月のパン教室「pure&style」の様子です。
すっかり、アップするのが遅くなってしまいました。

この日はオートミールブレッドとレーズンやクルミなどたっぷりのミューズリーブレッドを作りました。

少し甘みがあって、味わい深いオートミールブレッドとどっしりと食べ応えのあるミューズリーブレッドはどちらも凄く美味しかったです。

この日もとっても暑かったので、すぐに発酵が進みました。

オートミールブレッドは簡単で甘みがほのかにあるので、子供も好きそうなので、家でもトライしてみようと思ってます。

強力粉は意外と賞味期限が短いので、せっせと作らないと気がつけば賞味期限が過ぎているって事があります。私くらいでしょうか?・・・

この日はジャガイモのサラダとおすそ分けに持って行った、チェリーを焼き立てのパンと一緒に頂きました。

とっても美味しかったです。