先日、友人のしろくまさんと久しぶりに本郷の近江屋洋菓子店で待ち合わせをしました。


余震や原発の心配やら、街中が薄暗くなんだか気持も沈みがちですが
たまには友人と美味しい物を食べ、笑い、元気をもらいたいと思い
本郷の老舗の洋菓子店でお茶の時間を過ごし、色々と情報交換ができて楽しかったです。


パンや沢山の種類のケーキが有り、その他にドリンクバーも五百円出せば、飲み放題。ボルシチも食べ放題です。
今は地震の影響なのか、コンソメスープになっていて、ちょっと悲しい・・・こんなところにも地震の影響が。


でも楽しいひと時を過ごせました。
情報交換は大事です。








十河隆史さんのシンプルで温かみのある白釉四角皿とマグカップ、ほっこり湯呑が入荷しました。

十河さんは岡山で作陶されていますが、今回の東北関東大震災のチャリティーバザーにも岡山の方で発起人の一人として参加されています。
素晴らしい事だと思います。












城田さんは、栃木の方で作陶されていて、器や家が地震による被害を受けたそうで、現在作品の制作は中断されているそうです。

とても心配です。

城田さんから届いた、この家のモチーフのフリーカップは震災の直前に届きました。






早く再開できる事を祈っております。







東北太平洋沖大震災で、被災された皆様心よりお見舞い申しあげます。

先日の大地震、津波により多くの人命が奪われました。

わたしが住む東京でも大きな揺れがありました。

そして、身内や親戚も茨城と仙台に住んでいます。

現在も断水が続き、不自由な毎日を送っています。

電車もまだ通っていませんし、車で行きたくてもガソリンが無く、高速道路も途中までしか通ってない状態です。

東京に住む私達は、少しずつ以前の生活が戻りつつありますが

宮城や福島原発周辺に住む孤立された方々の事を思うと心が痛みます。

過度の放射能の心配で、物資が届かないという事を聞きます。

明日を信じて、皆で頑張りましょう。

頑張れ東北!頑張れ日本!

昨日は本当にいい天気だったので、実家近くの湯島天神の梅まつりに出かけてみました。






実家が近いのに、梅まつりは数回しか行ったことが無かったのです。
よく近くの天庄(天ぷら)には子供の頃父に連れて行ってもらった事を思い出します。


近くには、すきやきの老舗の江智勝があり、まだこの辺も風情が残っているなと思いきや、昔はおきやさんが多かった場所と有って、沢山の飲み屋街が


その中に老舗のかりんとう屋さんの花月が有ります。
お店には、二人がやっと入れるほどのスペースしかありません
今回は、かりんとうとあられ(しら梅)を買いました。
かりんとうは美しい琥珀色で、あっさりとした味で、食べると止まりません。
しら梅は、かすかに梅の味がする塩味で、お茶受けにはどちらももってこいです。






自宅用に簡易包装のを買ったのですが、他に朱赤に花柄がなんとも可愛らしい、缶入りの物も売ってます。


花月の近くにはおばけ横町と言う通りがあって、その昔おきやに住む芸者さん達が、朝の素ッピン顔と夜の顔が全然違う事からつけられたそうです。


今はすっかりその風情も無くなってしまい残念です。

もうすぐひな祭りですね!

昔は、ひな人形というと七段飾りなどを飾っている家も多かったですよね。
私の家も三人姉妹という事も有り、七段飾りでした。
飾るのも、しまうのも一苦労。でも楽しかった思い出です。


最近は上品な小じんまりした物が主流ですね。
日本の文化大事にしたいです。


ウチは女の子はいないので、夕飯にちらし寿司を作るくらいですけど・・・


お花の教室で作った、ひな祭りアレンジくらいです。
漆器のお椀を花器がわりに使っています。
葉っぱでできた、お内裏様とおひな様が可愛いでしょ?





ニュ-サイランでできたオビナとメビナ