週末フィールドオブ倉敷へ行ってきました。

3時間半程新幹線に乗り、お昼頃岡山に着きました。そこから電車を乗り継ぎ、倉敷へ。
会場となっている芸文館前にはすでに沢山の人で賑わっていました。



松本や益子に比べて、そんなに広い会場ではありませんが、1か所に集中しているので、ゆっくりと作品を見る事ができました。
美観地区もすぐそばなので、1日たっぷり楽しめました。




まずはお付き合いの有る、作家さんのブースへと。

地元岡山の十河隆史さんのブースです。沢山のお客様がいらっしゃってました。地元とはいえ、やはり凄い人気でした。



落ち着いてきたところで、お話をする事ができました。
すぐに気がついて頂き、とっても嬉しかったです。



テント前での十河さんです。

お客様からのご依頼の器をご相談させて頂きましたが、とても親切に対応して頂き有難うございました。


小澤基晴さんのブースです。どっちにしようかと迷いながら、じっくり吟味されてる方やこの小皿可愛い!と人気の小皿を手にされる方。マグカップを購入される方。思い思いの器を買われていました。

きっとお気に入りの器になる事でしょう。





テント前での小澤さんです。





少しピンクがかった粉引の器。小澤さんらしい優しい作品です。

お邪魔しました。有難うございました!


沖澤康平さんのブースです。
さわやかな素敵なガラスが並びます。息子のお土産にぽてっとした、可愛いグラスを購入しました。牛乳を入れても、花器にしても可愛いです。





新作のグラスもシャープで、冷酒や焼酎などが飲みたくなります。

いつも素敵なガラスのハガキを送って頂いています。ご本人の写真が無いのが残念

工房の有る岐阜の高山市も今回の地震で、結構揺れたそうです。

お忙しいところお話をさせて頂き、有難うございました。


藤居奈菜江さんの美しい色合いと曲線が印象的な器たちです。今後注目されそうな
作家さんです。



北海道で作陶されている加地学さんです。オレンジ色が綺麗な焼き締めや灰釉の器
の数々が大胆に並んでいました。
今回が初出店だそうです。






美しい美観地区。



大原美術館。






今週末倉敷のフィールドオブ倉敷に行ってきます。

今回初めて出掛けるイベントですが、見どころも多く会場もとても良い所との事なので、かなりの長旅にりますが、がんばって行って来ようと思います〜

倉敷市芸文館前広場が会場になってます。
お近くの方は良かったら行ってみて下さいね。おススメです。

いつもは器を見るだけで精いっぱいですが、色々な視点から見てみたいです。
作家さんやお客さんの様子などを次回ご紹介させて頂きますので、お楽しみに!

朝早く出ても着くのがお昼頃になってしまい、どれだけ回る事ができるのだろう・・・

お付き合いの有る作家さんも参加されているので、お会いするのが楽しみです。

新しい作家さん小澤基晴さんのお皿は陶器市でも大人気で、初日で売りきれててしまうものも有るそうです。



今回新しく入荷しました、ブロンズ七寸しのぎ皿にサーモンと生ハムの手まり寿司を盛りつけてみました。




連休最終日に益子の陶器市に行ってきました。
震災の影響で、今回はどうかなと思っていましたが。
かなりの人出で、賑わっていました。

逆にこんな時だからこそ、被災地に行こう!応援をしよう!
と皆がそう思ったのだと思います。


まずは、お腹がすいたので、益子で人気のカフェkenmokuカフェでランチをしました。私はサラダとカレーのセットを頼みオットは丼ぶりものを頼みました。
オットのほうに付いていた、梅酢入りのお吸い物がとっても美味しかったです。もちろん、私のカレーとサラダも美味しかったですよ。



陶器市の楽しみかたって色々と有ります。
美味しい物を食べたり、人との出会いが有ります。
今年もとっても混んでいたけど、行って良かったと思いました。


お付き合いの有る作家さんで、今回被災された栃木の城田さんのブースにおじゃましました。
とてもお元気そうだったので本当に良かったです。
うちのショップカードも置いて下さっていました。

新作も素敵です。





またショップの方でご紹介しますので、お楽しみに。






もうすぐゴールデンウイークですね。

毎年恒例の春の益子、笠間陶器市が予定通り期間を短くして開催されます。

笠間も益子もかなり被害があったようなので、皆で陶器を買って応援しましょう。

お付き合いして頂いてる作家さんや、また沢山の作家さんにお会いできるめったにない機会ですので、今から楽しみです。

パソコンの椅子がアンティークの物なのですが、脚がゆらゆらして、「えっまた地震?」といつもおびえていますが、たまに本当の地震の時が有ります。

もうすぐ五月五日は子供の日ですね。
我が家ではいつも置物の桃太郎を飾っています。

これを見ると、本当に「日本がんばれ」っと思ってしまうのですよ。

先日、代官山に有る無垢里さんで開催された、大江家と太田家の仕事展に行って来ました。



陶芸家の大江憲一さんが企画されたイベントで、大江さんはじめ大江さんの親類縁者の方々の陶、布、革、鉄、木の手仕事の物が一同に揃います。

大江さんの人気の醤油さしや、鳥やインゲン豆の箸置き、鎬の蕎麦ちょこなどを数点。



また、刺子と鉄のコラボ作品のめちゃめちゃ可愛い椅子と鍋敷き。鉄は太田拓見さん、刺子と古布の鍋敷きは太田宏子さんです。



最後の最後にとってもお買い得な革のバックを購入し、大大満足の一日になりました。
椅子はまた何点か、今後注文生産で作ってもらいたいと思ってます。

本当はまだまだ気になる物が沢山ありましたが・・・この辺にして。

以前も紹介させて頂いた、大江さんの醤油さしと鳥のポットはちょっと先になりますが、shopのほうでも今後ご紹介できると思います。

ご期待下さい。