大寒も過ぎ、本当に寒い日が続いていて、ちょっと出無精ぎみ。
ブログもちょっとさぼりぎみで・・・反省。

わたしは東京の下町、鳥越で生まれ育ったのですが、そこはお祭りが有名で、近所にはおかず横丁と言う商店街が有ります。最近は面白いお店やおしゃれなお店が、ポツポツとできてきて・・・
変わりつつある町です。近くには合羽橋や浅草、蔵前などがあります。
そんな中、昔から食べてた物、大好物なもの、手土産、気になる物などをご紹介して行きたいと思います。

蔵前は古い建物やアンティークな建物が、わずかながらですが残っている所です。
去年まで子供が通っていた塾も、そんなアンティークというか古〜い建物の中に有り、地震がきたら大丈夫かと心配になったものですが、そんな心配をよそに息子はかなり居心地がよかったようで。

そんな建物のすぐ隣におしゃれな文房具やさんができ、さらに数軒先のアンティークな建物の一階には、家具屋さんのnoceができ、隣には前から有る
アンティークの家具やさんが。

この辺も様変わりしたなと歩きながら、今日のお目当ての老舗の和菓子やさん栄久堂さんへ。
いつも椅子にちょこんと座っているおじいさんが迎えてくれるのですが
今日はいなかったなぁ〜おじいさんどうしたんだろう・・・

お目当てのお菓子は生菓子やどら焼きでもなく、かなり使い込んでいるショウケースの中に。



ソフトというお菓子で、バターとマーマーレードが有りますが私はバターがお気に入りです。懐かしい味で、バターの塩味が絶妙です。









広島に住む知人から、六原張り子「月乗りうさぎ」を頂きました!

首が左右に動き、なんとも言えない愛らしさがあります。



波の上の月に乗っている,うさぎの張り子です。
「苦難を乗り越え、つきをつかむ」という、いわれがあるそうです。
今年は、そんな年にしたいですね!


岩手県 「さわはん工房」 澤藤 範次郎さんの作品です。
まだまだ日本には知らなかった、沢山の素敵な物がありますネ。

こうやって送って頂いた物には、とても刺激を受ける事が多いのです。
ありがたい事です。

まさに今年はうさぎ年!波に乗り、ツキをつかんで、苦難を乗り越えましょう。






 

オットの実家に行った時のスナップ写真です。



庭に寒椿が綺麗に咲いています。
年の暮れになると、庭師の方が綺麗に剪定をされている風景、
最近はあまり見られなくなりました。

私は、東京の下町育ちなので庭のある家に住んだ事がなく、
なんだか季節を感じられていいなと思うのです。

一昨年、息子が小学校で作ったお抹茶茶碗を祖父母に贈ったのですが、
リビングルームにお茶菓子を入れて使ってくれていました。



息子の初作品です。子どもの感性って本当に面白いですね。
記念に写真を撮って帰りました。


このところ寒い日が続いていますが、昨日は日中は日差しがでて、
ひなたは気持ちがいいくらいでした。
荒川土手近くに綺麗な梅の花が咲いていたのでパチリ。



完全防備した、ちょっといただけない私ですが、寒さには勝てませんの一日でした。
新年明けましておめでとうございます。

毎年お正月はオットの実家で過ごしますが、阿字ヶ浦の海がすぐ近くなので、冬の海にちょっと行ってみました。
波が少し高かったのですが、風が冷たくてとっても気持ちがよかったです。
少し寒かったけど、真っ青な空と海!やっぱり海はいいな〜
夏の賑やかな海よりも、なんかすごくいいです。





犬を連れて散歩をしている人やカップルで来ている人が数人いただけ
夏の賑わいがうそのよう。初春の穏やかな波、と思うと高波が。
やっぱり冬の海です。

去年は身近な人が亡くなってしまったり、悲しい事もありましたけど
海はいつ行っても変わる事なく、心を癒してくれます。
ささいな悩みなんかは忘れちゃいますね。
だから好きなんです。





賑やかな大通りを少し行くと、視界にぱぁっと海が広がってきます。
ここからの眺めが一番好きです。




沖縄ハム(しまの匠)をいただきました。
どどーんとした、りっぱな大きさで食べ応えあります。


沖縄ハム?ソーキそばなどに入ってる、ハムもそう言えば美味しいですよね!せっかくなのでワインと一緒にいただきました。とっても美味しかったです。ワインにもビールにも最高ですね。


それにしても、沖縄は美味しいものが沢山有りますネ。
沖縄のオリオンビールも美味しいし・・・
あ〜沖縄行きたいなあ。沖縄の焼き物(陶器)も素敵だし。


沖澤さんのグラスと志村さんの粉引皿を使って。